乳幼児はよく風邪をひきますが、風邪をひくと鼻水や鼻づまりを起こして、息苦しくなったりせき込む原因になってしまいます。近くに耳鼻科があれば、吸引してもらうことができますが、なかなか頻繁につれて行くのも現実的ではありませんから、自宅でケアできれば、親の負担も減少させることができます。鼻水吸引器には、口で吸引する手動のものと、機械で吸引する電動吸引器の2種類があります。手動の吸引器は、1000円前後と手頃な価格で購入することができ、コンパクトですから、外出時にも持参することができるというメリットがあります。一方、電動鼻水吸引器は、耳鼻科においてあるような機械で吸引するタイプですから、粘度のある鼻水も吸引することができますから、耳鼻科で吸引してもらう回数を減らすことができます。

電動鼻水吸引器を選ぶ時のポイント

子供の鼻水を、自宅でしっかりと吸い取ってあげることができる電動鼻水吸引器ですが、いくつかの種類があります。いざ吸引器を購入しようと思っても、なにを基準に選べば良いかわからないという人も多いと思います。手動の吸引器とは違って、高額になりますから、失敗しないためにもポイントを押さえておくと安心です。電動鼻水吸引器を選ぶ際、もっとも重要なポイントとなるのは、吸引圧力です。せっかく高いお金を出して購入しても、満足できる吸引がなければ意味がありません。さらさらした鼻水なら、手動の鼻水吸引器でも吸引することができますから、電動の吸引器に期待するのはなんといってもネバネバした粘度のある鼻水も吸引できるということです。そのため、吸引力が十分あり、吸引圧力を調節できるかどうかが、選択する際の基準となります。

迷ったときには据え置きタイプがおすすめ

電動の鼻水吸引器には、据え置きタイプとハンディタイプがあります。ハンディタイプは、本体がコンパクトになっているので、外出時にも持ち歩きやすいというメリットがありますから、選ぶ人も多い吸引器です。ただ、どうしても据え置きタイプに比べると吸引力に大きな差があり、満足いく吸引ができない場合があります。一方、据え置きタイプは、サイズも大きくなるため携帯には不向きですが、鼻水をしっかりと吸引することができ、圧力の調節機能がついていますから、赤ちゃんから児童までそれぞれの状況に応じて吸引することができます。鼻水にはウイルスが含まれていますから、そのウイルスが副鼻腔炎や中耳炎を引き起こすケースも多いため、できるだけ早く吸引してあげることが、結果的に子供の為になりますから、おすすめします。